スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 2010年10月 | main | UFOを始めました。 >>

零〜紅い蝶〜

零〜紅い蝶〜



【ハード】PS2
【発売元】テクモ(現在:コーエーテクモ)
【開発元】テクモ
【発売日】2003/11/27
【ジャンル】ホラーアクションアドベンチャー
【ストーリー】

“地図から消えた村”に迷い込んでしまった双子の姉妹、天倉繭と天倉澪は、怨霊に満ちた村から脱出する為に、手に入れたカメラ「射影機」で霊と戦い、写真に写ったヒントを元に謎を解いていく。
なぜこの村は消えてしまったのか?




【良い所】
・戦闘が面白い
・マルチエンディング
・グラフィックス、モデリング
・ロードが早い、ロードを感じさせない
・やりこみ要素がある
・クリア特典がある

【悪い所】
・カメラワーク、切り替え

【気になった所】
・写真アルバムのロード、セーブが長い
・ダッシュしても走る速度が遅い
・たまにレスポンスが効かない時がある


一周目、難易度:Easy、クリアタイム:09時間36分23秒
二週目、難易度:Hard、クリアタイム:02時間33分11秒。
二週目は霊を基本、無視しつつ早めにクリアしました。


ホラーゲーム、「零」シリーズの二作目です。
一作目のzeroも持っているんですが、zeroは怖いので、紅い蝶から始めました。

紅い蝶は主人公、澪のお姉ちゃん、繭も一緒にいるので、zeroよりはちょっと怖くない。

私は怖がりな方だと思いますが、クリア出来ました。
主人公姉妹が可愛かったり、序盤はあまり怖くなかったりするので、どんどん行けましたね。

だからと言って、全然怖くない、って事ではないです!
ある場所はすごく怖かったです。
霊がいてもいなくても、怖いんですよ。

あと、戦闘方法!
これがとても面白かったです。

射影機というカメラで敵を撮影して、ダメージを与えるんですが
通常時や遠距離で撮影だと身は安全ですが、あまりダメージを与えられません。
反対に敵に近づいて引き付けて引き付けて、フェイタルフレームと言うタイミングでシャッターを切ると、大きくダメージを与えられます。
その後にも、またすぐにシャッターチャンスがあったりして
合計、3連写出来たりするんですが、これが楽しいです。
爽快感があります!

気になった事はカメラアングル、切り替えに慣れが必要ですね。

自分でカメラ操作、切り替えが出来ないので、アングルによっては敵がどこにいるか分からなくなったり、
浮遊霊がいる時に、いつもとは違うアングルに急になったりするのがちょっと困りました。

また方向音痴の人はちょっと大変かもしれません。
結構地図を確認しましたね。
あとこれは私だけかもしれないんですが、押してるのに、△ボタンや×ボタンが効かない時が多々ありました。

zeroにあった、物によく引っ掛かるのは
紅い蝶ではほぼなくなり、改善されていて快適に。

また引き継ぎありで2週目も出来ますし、ミッションもあるので、やりこもうと思えばかなりやりこめます。

【まとめ】

極度の怖がりな方以外は、ホラー苦手〜って方にも行けるんじゃないかと。
数少ない和風ゲーム、ホラーゲームを楽しみましょう。

装備が揃ってタイミングに慣れ、3連写を撮れるようになれば、またさらにこのゲームを楽しめます。

最初このゲームを始める時は、難易度Normal、字幕ONがオススメ。
Easyだとクリア特典があまりなく、また回復アイテムも多いので、Normalでも行けると思います。


【お世話になったサイトさん】

じ〜あ〜る

Psychelia

Aeris-エアリス-

がめの日記



| game review | 19:00 | comments(0) | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 19:00 | - | - | - | - |
Comment










01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--